日本橋鮒佐(にほんばしふなさ)は江戸時代末期、文久2(1862)年創業の佃煮の老舗。初代佐吉が現在の佃煮の原型を作りだしたと言われています。母の日・父の日、お中元など、お世話になった大切な方への贈り物に。

カートの中には何もありません。

小計: ¥0

言い伝えによると、日本橋鮒佐の創業は江戸時代末期(第13代将軍徳川家茂公の時代)、1862(文久2)年。世の中では、生麦事件が起こった年です。今から150有余年に遡ります。

江戸末期の安政年間(1850年代後半)、当時剣士として北辰一刀流の免許皆伝の腕前だった初代佐吉は趣味の釣りが高じて釣れた小鮒を串刺しにして醤油で付け焼きするという“鮒寿々め焼(ふなすずめやき)”を商いにしていたそうです。

その佐吉が1862年(文久2年)のある日、釣りをする為舟を出した所、品川沖で時化(しけ)に遭い、佃島に漂着しました。

漂着した佃島で佐吉は、地元の漁師が雑魚を塩煮にしているのにヒントを得て、小魚を醤油で煮込み市中で売り出しました。この時の醤油煮が現在の“佃煮”の原型を創ったと云われております。

以来鮒佐の佃煮は、江戸食通の間で評判となり、『元祖佃煮』として5代 150年、今に至ります。
現在は、4代目、5代目が自ら釜場に立ち、商品作りに励んでおります。

Close